身体治療の薬ガイド|子宮内膜症や糖尿病は漢方治療で改善

先生

免疫沈降法の紹介

医者

免疫沈降法は、現在様々な病気の検査で利用されています。現在では専用のキットが通販などを通じて販売されているのです。キットのサンプルも時に利用出来ます。免疫沈降法は病気の経過を予測する上でも重要です。

詳しく見る

糖尿病と戦う

医者

小岩駅周辺にある内科では生活習慣病である糖尿病の治療を行っており、患者に対して飲酒や偏った食事を控えるように取り組みを行っています。また治療中はカロリー摂取量を客観的に把握することが大事と言われています。

詳しく見る

治療で使われる漢方薬

内膜が増殖する病気です

医者

子宮内膜症は、本来は子宮にあるはずの内膜組織が他の臓器にとんでしまうことで引き起こされます。卵巣や腹膜、直腸といった様々な部位にこういった子宮内膜が出来てしまうことがあり、重症化すると激しい痛みや器質的な障害が起こってくるのです。子宮内膜症の原因は明確に分かっておらず、ストレスや食生活なの様々な要因が現在指摘されています。 このような子宮内膜症の治療では、漢方薬が使われることがあります。漢方薬は明確な原因が分からないトラブルにも総合的に働きかけていくことが出来るため、体質から子宮内膜症を改善出来る可能性があるのです。東洋医学では、骨盤の中の血流が悪いことが子宮内膜症の一因と考えられており、血行を良くする薬剤が体質に応じて処方されます。

漢方女子が増えるでしょう

子宮内膜症を始めとする婦人科系の病気では、漢方薬は現在非常に人気があります。漢方薬を主に処方する漢方婦人科や漢方内科といった診療科も昨今は登場しており、漢方薬が大きな役割を担っているのが分かります。現在では不妊治療にも使用されるケースが増えており、以前に比べても遥かにニーズが高まっているのです。 最近では、東洋医学にひとかどの知識を持つ漢方女子と呼ばれる女性達が登場しています。このような女性達は、特に婦人科的な病気の場合には漢方を利用する傾向があるのです。実際、様々な病気の治療で薬は使用されるようになっておあり、今後はさらに広く薬剤の知名度が上がっていくと予想されます。これからは東洋医学的な見方も取り入れられていくと考えられるのです。またこの漢方薬は、糖尿病の合併症や痛風症、免疫沈降などを防ぐためにも使われます。

治療法の1つ

医者

子宮内膜症は、子宮外に子宮内膜やその組織が、子宮以外のさまざまな場所にあらわれる病気のことです。この子宮内膜症の治療方の1つとして、漢方薬を使った治療法があげられます。

詳しく見る