身体治療の薬ガイド|子宮内膜症や糖尿病は漢方治療で改善

先生

治療法の1つ

医者

漢方薬は、身体症状や精神症状など、さまざまな症状の治療に対応することができる薬です。そんな漢方薬は、女性特有の生理痛や生理不順といった症状や、女性に特に多いと言われている冷え症や更年期障害などの症状を改善させるなど、女性にとっても非常に有益な薬です。漢方薬で治療することができる女性の病気の1つとして、「子宮内膜症」があげられます。

子宮内膜症とは、本来は子宮内腔に存在しているはずの子宮内膜と呼ばれるものやそれと類似した組織が子宮以外の場所にできる病気です。具体的には卵巣や外陰部、へそ、暴行、腹壁、ダクラス窩、S状結腸などに子宮内膜やその類似組織ができ、さまざまな症状が引き起こされます。子宮外にできた子宮内膜は、本来の子宮と同じような周期で活動を続けます。生理期間になれば、子宮外にできた子宮組織も剥離・出血などの変化を見せ、その際に内幕や血液を体外に排出できずにそれらを体内に貯めこんでしまいます。その結果、チョコレート襞包ができる、臓器と癒着するなどの症状が現れます。

漢方薬による子宮内膜症の治療は、主に鎮痛作用を重視して行われます。子宮内膜症は、ストレスや緊張状態が続くことで症状が悪化し、痛みがより強くなります。また、ホルモン分泌や免疫力なども、子宮内膜症の症状を悪化させます。そこで漢方薬のなかから、免疫力を高める種類のものを選出したり、緊張やストレスなどによって滞った血流を促進したりするものを選出し、治療にあたっていきます。